陶芸の部 年長さん 卒園制作 「ゆのみ」
粘土をよくこね、空き缶の周りに粘土をつけて、絵を描いたり、飾りをつけたりします。
それを乾かして一度目の窯入れをします(素焼き)。
次に釉薬を塗り、本焼きをします。
世界でたった一つの素敵な作品の出来上がり。

陶芸の部 年少さん、飾り皿
11月の作品展に展示した作品です。
担任は素焼きで割れないか、作品展までに焼きあがるか、どきどきでしたが、子ども
たちはいつもどおりのマイペース。楽しい作品ばかりです。

陶陶芸の部 年中さん 飾り皿