秋季大運動会の舞台裏
2017/10/14

7日、14日と無事に行われた秋季大運動会。

幼稚園のグラウンドでのお友だちの輝く笑顔はとても印象的でしたね。

今回はその運動会の舞台裏として、雨のグラウンドと向き合った先生たちの姿をご紹介します。

年中組・年長組運動会、前々日から前日午前中にかけては大雨の予報でした。

雨雲の動きや天気図を見て、園長先生がシートを敷くタイミングを判断します。

園長先生のお話によると、今年は特に天気図からは予想もできないような天気の急変があり、判断が難しかったそうです。

まるで気象予報士のようです。

山路さんがシートを持ってきて下さり、園長先生、副園長先生、山路さん、職員でグラウンドに大きなシートを敷きました。

昨年度は急な判断で山路さんがお持ちのシートやブルーシートを寄せ集めて敷き詰めましたが、今年度は園長先生が事前にグラウンドサイズの大きなシートを山路さんと一緒に準備して下さったので、あっという間に敷き終わりました。

天気予報どおり、5日の夜から6日にかけて大雨が降りました。そして、6日夕方雨が上がったので・・・

みんなでたまった雨水を流して、シートを片付けます。

雨水のたまったグラウンドの水をバスタオルやタオルケットを使って吸い取りました。

大きなバスタオルを手で絞るのは本当に大変です。そこで・・・

副園長先生と、相良先生が絞り役をして下さいました。

美稚子先生はじめ女性職員チームはひたすらグラウンドの雨水を吸い続けました。

昨年度に引き続き、刀根建設さんもグラウンドの様子を気にかけて下さり、沢山の真砂土を運んで下さいました。

みんなで力を合わせてグラウンド整備完了です。

念のため、クラス応援席には防水用にシートを敷きました。

昨年度の経験のおかげで、職員一人一人の手際がよくて大変盛り上がりました。

年少組・2歳児運動会前も、同様に職員全員力を合わせてグラウンド整備しました。

年少組・2歳児運動会では当日も雨の心配があり、園長先生と美稚子先生は朝からずっと雨雲の動きを予測し、プログラムの変更を判断しました。

運動会中もずっとタブレットで雨雲の動きをチェックしてくださいました。

運動会が終わり、解散になるとぽつぽつと雨が・・・

運動会中に雨が降り出さなくて本当によかったと、ほっと胸をなでおろしました。

雨除けに大活躍したシートたち。保護者の方にきれいに拭いて頂きました。また雨に困ったときに活躍してもらいます。

今年度は雨の心配の多い運動会でしたが、子ども達の頑張りとともに、こうして職員も一丸となって運動会を終えることができました。当日は子ども達の成長の姿に感動し、その後保護者の皆様からたくさんの温かい感動のお言葉を頂き、とても思い出深い運動会となりました。本当にありがとうございました。

これからも、日々の保育、そして一つ一つの行事を子ども達とともに力を合わせて作り上げていきたいと思います!