幼稚園教育要領にも明記されているように、幼児教育は環境を通しての教育です。現代社会はあまりにも子ども達から遊び空間を奪ってしまいました。自然環境に恵まれた広々とした場所で思いっきり子ども達を遊ばせてあげたい。それが私達の願いです。幼稚園時代の子ども達に最も必要な遊びは鬼ごっこといわれています。夢中になって走り回ることは、体力や集中力が育つだけでなく、創造力、コミュニケーション能力そして何より社会性が育ちます。子ども達の年齢に相応しい環境を用意すること、それが私達の努めです。

保護者と教諭の連携も私達の目指しているところです。その為に家庭環境を生かした幼稚園づくりをしています。いつでも遠慮なく保護者が幼稚園で過ごすことのできる保護者用のラウンジや、教室には家庭でのお手伝いが実践できるキッチンをはじめ洗濯や片付けができるコーナーを用意しました。保護者と幼稚園教諭がともに子どもの成長を喜べる幼稚園を目指しています。
毎日の生活を大切にした、ゆとりのある幼稚園でありたい、そのためには行事も子ども達の負担にならない程度にします。行事に追われるより海岸を散歩したり、季節の花たちを探しに行ったり、トンボやバッタを追いかける時間を大切にしたいのです。
子どもはどの年齢も可愛いものですが、幼稚園時代は特に可愛い時期です。大切なこの3年間子育てを楽しみましょう。私達は全力で協力します。